日仏文化協力100周年に向けて

Bientôt 100 ans de coopération culturelle entre la France et le Japon

フランス人による落語の会

日本とフランスは、1924年、日本におけるフランス文化ネットワークの草分けとなる日仏会館を共同設立しました。
2014年、90周年を迎え、日仏関係にとって極めて特別な年にそれを記念して文化交流を通じたイベントを企画、開催いたしました。
その中の一つがこの「フランス人による落語の会」です。
世界を股にかけて活躍するフランス人落語アーティストふたりのパフォーマンスは、日本各地でも反響を呼び、落語ファンだけでなく、落語初心者にも支持された試みでした。
その勢いは本国フランスでも圧倒的な支持を得られ、演劇祭の世界最高峰『アヴィニョン・フェスティバル』でも披露、いまや「落語」は世界に通用する日本文化の強力なコンテンツとして注目されています。
翌2015年には、日本ツアーを開催。現在は、世界各国に活躍の場を広げています。

そして、本年2017年、再び日本ツアーを開催することになりました。
是非この機会に、「フランス人による落語の会」をお楽しみください。

私たちは、日仏文化協力100周年に向けて、もっともっとお互いの文化の共有をはかろうと、この企画を持続してまいります。

 

日本で最もポピュラーな“語り”文化「落語」をフランス人が日本語とフランス語で実演?!

「えー、お笑いを一席申し上げます。世の中には・・・」なんて具合に始まる落語。
他愛のない「マクラ」話に始まり、「本題」そして「落ち」にいたる滑らかな話芸は、まさに日本のアート。
噺家が歳を重ねるほどに味わい深くなってくる。
そんな日本のお家芸に挑戦し続けるフランス人がいる。
日本とフランスをつなぐユニークなパフォーマンスで、日本の皆様、これぞ!本当の「クール・ジャパン」!

 

演者は、多才なフランス人

CYRIL COPPINI(尻流複写二 シリル・コピーニ)

1973年に南仏のニースで生まれた尻流複写二は、高校時代に日本語の勉強を始め、その頃より日本の古典芸能である落語に興味を持ち始める。
1997年9月に来日(福岡)し、フランス政府公式期間である「九州日仏学館」に勤務。
2001年に上京し、現在、在日フランス大使館内アンスティチュ・フランセ日本の広報部に所属。
2010年大阪の落語家・林家染太との出会いをきっかけに本格的に落語を教わる。
2011年に開催された「落語国際大会イン千葉」に出場し3位を獲得、外国語で落語を演じる三遊亭竜楽のフランス公演のコーディネートや通訳で同行し、落語の海外普及にも積極的である。
2014年7月5日~27日、世界最大演劇祭『アヴィニョン・フェスティバル』でステファンさん、竜楽さんと染太さんと口演を行う。
2014年、2015年の日本ツアー以降、今や日本、フランスだけでなく、世界中からのオファーで“落語”を世界中に広めている。
また、落語をテーマにした漫画『どうらく息子』(小学館刊)のフランス語版を担当。2015年4月から明治大学中野キャンパスにて「RAKUGOを世界へ」という講演会シリーズも行う。

 

2017年、日本全国7ヶ所で口演!!

【2017日本ツアー】

12月 7日(木)大阪口演/動楽亭
12月 9日(土)名古屋口演/杉山女子学園大学
12月10日(日)岐阜口演/円徳寺
12月12日(火)福岡口演/アンスティチュ・フランセ九州
12月14日(木)長野口演/長野市「長野ホテル犀北館」
12月17日(日)東京口演/らくごカフェ(神保町)
12月19日(火)愛媛口演/西条市総合文化会館

【2015日本ツアー】

広島口演/広島テレビ12階講堂
山口口演/梅光学院大学梅ヶ峠キャンパス
福岡口演/アンスティチュ・フランセ九州
大阪口演/アンスティチュ・フランセ大阪
京都口演/アンスティチュ・フランセ京都
神戸口演/酒心館ホール
岐阜口演/みんなの森 ぎふメディアコスモス
名古屋口演/西アサヒ
富山口演/富山市角川介護予防センター
南砺口演/桜ヶ池クアガーデン
長野口演/蔵元ショップ セラ真澄「松の間」
奄美大島口演/タラソ奄美の竜宮
天草口演/スパ・タラソ天草
東京口演/フレンチダイニング

 

まとめサイト

matome